バイオパックアプリケーション

BIOPAC MPSYSTEM アプリケーション

各種刺激装置

バイオパックアプリケーション

各種刺激装置


BIOPACのデータ取得・解析システムは嗅覚、触覚、視覚、聴覚刺激を同期やトリガーとして制御可能です。
BIOPACはSuperLab、StimTracker、E-Primeなどの主要な刺激提示ソフトウェアと対応するハードウェアも用意しています。
これらのソリューションは、各種電極、アンプ、およびMPシステムとAcqKnowledgeソフトウェアを組み合わせて使用します。

特徴
● 定電流刺激
● 定電圧刺激
● 視覚刺激
● 触覚刺激
● 嗅覚刺激

[構成例]
MP160WS:基本システム
STM100C:刺激反応用モジュール
STMISOC:定電圧・定電流刺激アイソレーションアダプタ
LEAD110A

MP160WS:基本システム
STM100C:刺激反応用モジュール
TSD190:触覚刺激トランスデューサ



各種刺激装置に関するアプリケーションノートです。

・トランスデューサのキャリブレーションとグラフスケーリング方法についてはこちら アプリケーションノート#101
・聴性脳幹反応(ABR)の検査方法についてはこちら アプリケーションノート#105
・ジューエットシーケンス用ABR件についてはこちら アプリケーションノート#105b
・AcqKnowledge4.1以降を使用したABRキャリブレーション方法についてはこちら アプリケーションノート#105c
・アンプの基線オフセットの調整方法についてはこちら アプリケーションノート#110
・神経伝導速度検査の手順についてはこちら アプリケーションノート#111
・データの削減手順についてはこちら アプリケーションノート#121
・モバイルバッテリパックの使用方法についてはこちら アプリケーションノート#136
・AcqKnowledgeデータをExcelへ出力する手順についてはこちら アプリケーションノート#143
・ハードウェアAPIを用いたMPシステムの制御についてはこちら アプリケーションノート#218
・電気刺激装置を安全に使用するための注意事項はこちら アプリケーションノート#257
・STMISOLAを使用したtDSC経皮直流刺激の手順についてはこちら アプリケーションノート#277