Logger

BIOPAC社 テレメータ Logger

踵&つま先接地アンプ - BN-STRIKE

Logger
  • PRODUCTS
  • Logger:トランスミッタ一覧
  • 踵&つま先接地アンプ - BN-STRIKE

テレメータ式踵&つま先接地センサアンプ:BN-STRIKE


テレメータ式踵&つま先接地センサアンプ(BN-STRIKE)は、小型な送信機と受信機で構成され、踵とつま先の接地状態を計測することができます。

踵とつま先の2カ所の接地状態を表すデータを最大2000Hzの高速取込みに対応。
MPシステムでは最大16チャンネルまで増設することができるので、他のテレメータと併用して生体のシグナルと同期計測することが可能です。アイソレートパワーサプライ(IPS100C)を併用することによって、増幅された信号を アナログ出力することもできます。

BioNomadixシリーズ仕様詳細のダウンロード

BN-STRIKE

踵とつま先の接地タイミングや相対圧を記録するアプリケーション。
データ取込サンプリングは2,000Hz。DC〜10Hz間の周波数帯の生波形を取込みます。

対応トランスデューサ
BN-STRIKE-XDCR:テレメータ用踵&つま先接地センサトランスデューサ


MP160/MP150との接続イメージは下の図をご参照ください。