全般

BIOPAC社 トランスデューサ 全般

筋音図トランランスデューサ-TSD250A

全般
  • PRODUCTS
  • トランスデューサ一覧
  • 筋音図トランランスデューサ-TSD250A

筋音図トランランスデューサ:TSD250A

筋音図(VMG)トランスデューサは微小電気機械(MEMS)の緩速度センサーとソフトウェアアルゴリズムにより、随意筋活動を評価するために最適です。センサーは生理学的振戦を含むアーチファクトを除去するためのバンドパスフィルタを備えています。筋音図トランスデューサは筋肉の振動を記録するための高感度加速度センサーです。筋肉が活動する際に発生する微小振動を記録します。

利点
・筋肉のバランスアセスメントを行う能力
・筋活動と個人間の再現性の改善
・簡単なセットアップ
・セットアップ時間の短縮
・被験者の快適さ
・電極や皮膚処理が不要です。

注:TSD250A センサは、販売終了したTSD250 の代替品です。複数の被験者を比較する場合は、同じトランスデューサ を使用する必要があります。TSD250A で記録された結果は、TSD250 またはTSD251 のデータと直接比較できない場合が あります。 (TSD251 顔面筋音図トランスデューサも販売終了しました。)

筋音図トランスデューサ仕様詳細

筋音図計測ビデオチュートリアル

■仕様

サイズ 32.64(八角形) × 9.14(外周部の高さ)mm × 12.57(中央部の高さ)mm
重量 10g
動作周波数範囲 20−200Hz
出力 MP160 : ±10V / MP36R : ±0.2V
ゲイン定数 MP160 : 50V/g / MP36R : 1V/g
ノイズフロア MP160 : 16mV(rms) / MP36R : 0.32mV(rms)
感度 0.32mg (rms)
温度範囲 0-50℃
最大加速度 2000g
ケーブル長 3m
インターフェース MP160 : DA100C / MP36R : 直接接続
推奨サンプリング 2000Hz