全般

BIOPAC社 トランスデューサ 全般

生理フォーストランスデューサ-TSD105A

全般
  • PRODUCTS
  • トランスデューサ一覧
  • 生理フォーストランスデューサ-TSD105A

生理フォーストランスデューサ:TSD105A


TSD105AはインターフェイスにDA100C汎用アンプを用いて、様々な用途で広い範囲の力(50g〜1000 g)を測定するためのトランスデューサです。
ティッシュバスを用いたin-vitro試験だけでなく、より大きなin vivoでのアプリケーションにも使用できます。

スプリング、レバーアームを介して力は正確にストレインビームに伝わります。トランスデューサは、複数の取付け方向をサポートするために、汎用性の高いロッドアセンブリが付属しています。

2種類のスプリングが付属しており、50g, 100g, 200gレンジ用と500g, 1000gレンジ用で使い分けを行って下さい。
細かい張力及び位置調整が必要な場合は、HDW100Aフォーストランスデューサテンションアジャスター(別売品)に取り付けて下さい。

生理フォーストランスデューサ仕様詳細のダウンロード



TSD105A使用時のヒントはこちら - アプリケーションノート


◾️仕 様

レンジ 50g, 100g, 200g, 500g, 1000g
出力 1mV/V
ノイズ (rms) (レンジ/50) mg @ 10V 励起, 1Hz帯域
非線形性 <±0.025% FSR
ヒステレシス <±0.05%FSR
非再現性 <±0.05%FSR
30分クリープ <±0.05%FSR
動作温度 -10℃から70℃
温度ゼロ点変動 <±0.03%FSR/℃
温度係数 <0.03%読み値/℃
寸法 19(W) × 25(H) × 190(L)mm
重量 300g
ケーブル長 3m
インタフェース DA100C