TMSi

TMSi社 多点筋電計

SAGA32/64+ for HDsEMG

TMSi

SAGA32ch/64ch+HDsEMG

神経筋障害は、運動神経伝導研究と組み合わせて、針筋電計を用いて診断されてきました。

世界中の多くの研究グループは、筋肉から情報を取得するために、針筋電計より、個々の電極の高密度アレイを使用して、高密度表面筋電(HDsEMG)の可能性を評価し始めました。
運動繊維伝導速度(MFCV)測定の評価が有効になると考えられています。

HDsEMGの明らかな利点は、その非侵襲性と長期間にわたって記録できることです。


関連製品