ハイエンドモデル

BIOPAC社 各種刺激装置 光刺激用アクセサリ

光刺激用アクセサリ

ハイエンドモデル
  • PRODUCTS
  • 各種刺激装置
  • 光刺激用アクセサリ

ビデオ同期用LEDケーブル:OUT103


OUT103は、光の点滅を使用してビデオと生体信号の同期を行う際に使用してください。
3mのケーブルは様々なプロトコルでLEDを使用できます。

アナログ出力0/1との接続用のコネクタと、デジタルI/Oへの接続用アダプタが含まれています。
メディア同期-Windowsのみ-AcqKnowledge4.1以上。

聴覚・光刺激アクセサリ仕様詳細のダウンロード



付属の3.5mmモノフォンスプリッタ(2本の3.5mm雌型モノフォンソケットと1本の3.5mm雄型モノフォンプラグ)とCBL100(両端が3.5mmモノ雄型ケーブル)は、2カ所にアナログ信号を分配する事を可能にします。
駆動信号(通常DA0またはDA1から)は、スプリッタケーブルで分配されます。
スプリッタケーブルのソケットの1つは、OUT103の入力に使用します。

もう一方のソケットは、CBL100を介してUIM100Cのアナログ入力へループバックされます。
この方法では刺激レベルとタイミングを記録に残す事ができます。



ストロボスコープ:TSD122


TSD122ストロボスコープは、視覚誘発反応アプリケーションで使用します。

インタフェースにはHLT100C / UIM100CまたはSTM100Cを使用します。
ストロボスコープはバッテリーを内蔵しており、360,000回のフラッシュを行えます。

ユニットは毎分0〜最大12,000回のフラッシュを行え、MPシステムやその他の機器と接続するための外部TTL同期とトリガー機能を備えています。

tsd122

ストロボスコープ仕様詳細のダウンロード



HLT100Cと接続する際は、CBL122(RJ11と3.5mmフォンジャックのアダプタ)ケーブルを介して接続します。
TSD122はまた、外部トリガーブロック(UIM100Cの背面)を介して、MPシステムへトリガーを送ることも可能です。

TSD122は接続するシステムに合わせて2種類からお選びください。
・TSD122A MP160(HLT100), MP150/MP100(UIM100C)用
・TSD122C BSL(MP36) / MP36R用



◾️仕 様
型番 (TSD122) A C
ディスプレイ デジタルLCD
バッテリー 充電式電池を内蔵
 バッテリー寿命 毎秒100ストロボで60時間
 外部TTL 同期 / トリガー
 重量 1.1kg
 寸法(cm) 9.3(幅)×9(高さ)×23(長さ)
 発光部 12cm(直径)
 ハンドル 10.8cm(長さ
 I/Oポート 3.5mmフォンジャック
付属ケーブル CBL102, CBL122, CBL106 BSLCBL5
インタフェース HLT100C, UIM100C, MP36(R), STM100C