ハイエンドモデル

BIOPAC社 各種刺激装置 触覚刺激システム

触覚刺激トランスデューサ - TSD190

ハイエンドモデル
  • PRODUCTS
  • 各種刺激装置
  • 触覚刺激トランスデューサ - TSD190

触覚刺激トランスデューサ:TSD190


TSD190は触覚刺激装置です。
TSD190は様々な身体の部位に取り付けるために人間工学に基づいて設計されており、直径1.5mmのプランジャーが皮膚表面を機械的に刺激することが可能です。

プランジャーの力(刺激の強度)と移動距離は、ゼロ点と最大値の間で無段階に調整できます。
アプリケーションは体性感覚とその他の種類の触覚検査に使用できます。伝播速度と体性感覚神経の活性化閾値を検査する際に使用できます。

触覚刺激トランスデューサ仕様詳細のダウンロード

out102



視覚または聴覚刺激は、触覚フィードバックで代替もしくは効果を増加させることが可能です。
一例として、Kahol K., French, J., et al.(2006)参照。EEG解析を通してマルチモーダルインタフェースで視覚-触覚フィードバックの役割を評価します。拡張認識:過去、現在、未来 D. Schmorrow, K. Stanney and L. Reeves. Arlington, VA, Strategic Analysis, Inc.: 289- 296.

TSD190 触覚刺激トランスデューサセットアップ例

1. ハードウェアの接続:
・STM100CのEXT STIMポートにTSD190を接続します。
・STM100C前面のスイッチをSource:OUT0, Level:100%, POS, DCに設定します。

2. AcqKnowledgeを起動します
TSD190.gtlを開きます -グラフテンプレートをダウンロードしましたら、ファイルタイプ(.gtl)を開きます。
・スタートをクリックして記録を開始します。
・テンプレートファイルは2秒毎にトリガーを出力し、TSD190を動かします。

3. 必要に応じて調整:
・トランスデューサのプランジャーの上のねじを回してプランジャーのストローク長を調整できます。
・MP menu > Set Up Stimulatorウィンドウからパルス幅と頻度を調整でいます。
・最適なパルス幅は4~15ミリ秒です。
・間隔を調整することで頻度を調整できます。


◾️仕 様
プランジャー径 1.5mm
刺激パルス幅 100fps
ストローク長 1~100ミリ秒 (最大)
刺激強度 0~1.5N (印加電圧で調整可)
ケーブル長 2m
寸法 62mm(長さ, 22mm(直径)
重量 39g
インタフェース STM100C(刺激モジュール)