ripple

ripple社 ヒト用EEG

QUESTプロセッサシリーズ

ripple

ヒト用EEG、EEG+刺激 64ch/512chシステム

QUESTプロセッサシリーズには 「QUEST HD」と「QUEST HD+STIM」があります。
いずれも64chモデル、512chモデルがあり各々に接続するフロントエンドのチャンネル数は1個あたり32chもしくは128chモデルがありますので、最小記録数は32chからとなります。




QUEST HD:64ch/512chEEG装置

QUEST HD+STIM:64ch/512chEEG+刺激装置



64chモデルのQUESTプロセッサには最大で2個のフロントエンド、512chモデルのQUESTプロセッサには最大で16個(32chモデルフロントエンド)のフロントエンドを接続することが可能です。

刺激出力と脳波記録は各フロントエンドの同一のピンでスイッチャブルにおこなうことが可能です。
刺激出力と脳波記録の切り替えに必要な間隔は33μSecです。
例えば3番ピンへ刺激を流し、33μSec後に同じ3番ピンから脳波を拾うことが可能です。



フロントエンド

脳波記録用フロントエンド(32ch/128chモデル)

→パッシブEEGキャップ対応
→小型でマルチチャンネルのアンプは扱いやすく便利
→QUEST対応フロントエンド

脳波記録用+刺激フロントエンド(32ch/128chモデル)

→tCS刺激とEEG/ERPを同一チャンネル番号より入出力
→合計15mA刺激
→9Vから30Vコンプライアンス電圧
→刺激チャンネルのスイッチング(1mSec以内)
→クローズドループ



脳波記録部
解像度 24-bit
同相信号除去比 -110dB
サンプリングレート 7.5ksps
入力レンジ(最小) ± 0.1875 V, gain of 24
入力レンジ(最大) ± 2 V, gain of 1
入力インピーダンス 1 GΩ, 20 pF
周波数帯域 DC to 3kHz
電流刺激部
波形 tDCS, tPCS, tACS, tRCS,ユーザカスタム
電流範囲 100μA - 15mA
コンプライアンス電圧 ±9V - ±30 V
パルス間隔 33.3µs
周波数 DC - 15kHz

キャップ

Adult L:58 - 62cm
Adult M:54 - 58cm
Adult S:50 - 54cm
Adult XS:46 - 50cm
Child M:42 - 46cm
Child S:38 - 42cm
Infant M:34 - 38cm
Infant S:30 - 34cm
Infant XS:26 - 30cm


プロセッサ(QUEST本体)
チャンネル数 最大512ch
アナログI/O 入力:28ch / 出力:28ch
デジタルI/O 入力:20ch / 出力:20ch / ストロボ:2
バッテリ駆動 2時間
PCへのデータ送信 Gigabit イーサネット
サイズ 183mm x 95mm x 36mm
重さ 700g